ライフスタイル - ビー・エクラサロンブログ

B・EXULA ビー・エクラ
心と体が満たされる美と上質な癒しの空間
2017年05月17日 [ライフスタイル]
こんばんは 佐藤です

今日の晩御飯は
まだ、若干寒いですが、

冷やしトマトパスタ
冷やしトマトパスタ

トマトに含まれるリコピン

栄養効果は
活性酸素を消す抗酸化力が高く、
βカロチン
ビタミンEを多く含みます

とうぜん、美肌効果バッチリですが
薬膳でいうと体を冷やす陰の食です

暑い日に食べるのが一番ということですね

血糖値も下げ、動脈硬化の予防にもなりますから
毎日食べたい野菜です


もうすぐで梅雨に時期なので
体もしっかり整えたい今の時期

食事はカラダを作るもの

大切にして、楽しく食べるのがいちばんですねー!


今日のおまけ。

ラック

散歩して、虫を追いかけ口元ケガ。

なんだか、鼻くそみたいで可愛い〜。(親バカ)



【HP限定キャンペーン実施中・美白エイジグケア・ヘッドスパケアとフェイシヤルトリートメント】
http://www.b-exula.com/taikenn.html


【ビー・エクラのメールマガジン】

ビー・エクラサロン最新情報と大人女性の美容情報を無料発信してます。
下記から登録可能です!

http://www.b-exula.com/email/mail/magazine.html


2017年05月09日 [ライフスタイル]
こんにちは 佐藤です

昨日の晴天に久しぶりに

鎌倉へいってきました

GWあけともあって
人が少なく、ゆっくりできました

鎌倉

kamakura

自分に心地よくすること

私の場合は自然に触れて
ゆっくりすることもその一つ。


疲れていたりする時は
どなたでも自然に触れることで
体のエネルギーを満すことができます

自分の好きな場所に行くことは
心を満たすことででもあります


自分がまず先に満たすことを
していかないと、与える事は
できません


まずは、自分から。


空を見上げたり

星をみたりと

人間も宇宙の一部

自然からエネルギーを
もらうことは自然な事

鎌倉

藤もキレイに咲いていて
自然の芽吹く時期が
とてもたくましく、美しく
癒されます


自然の美しさには
やっぱり、勝てませんね


最後までお読みいただき有難うございます


感謝です



【HP限定キャンペーン実施中・美白エイジグケア・ヘッドスパケアとフェイシヤルトリートメント】
http://www.b-exula.com/taikenn.html


【ビー・エクラのメールマガジン】

ビー・エクラサロン最新情報と大人女性の美容情報を無料発信してます。
下記から登録可能です!

http://www.b-exula.com/email/mail/magazine.html


2017年04月05日 [ライフスタイル]
桜

こんばんは

近所の桜はまだ3分咲きでしょうか?

まだ、満開を見れない寂しさもありますが、
まっ、楽しみもとっておきましょうか?


なんだか、いっぱい書きたいことがあるのですが、
なかなかpcに長く座れる時間が作れず

で、今日はビーツの話を少し

皆さん、ビーツご存知ですか?
私はネットで拝見して

早く、たべたい、たべたい、どんなものなのー!!

こんな思いでいましたら
最近、近くのスーパーに
ひょっこりおいてありまして
即購入です

ビーツは
ビーツ
この様に真っ赤なカブでして

自宅で切ったら
ビーツ

真っ赤かっ!

白いまな板が・・・。


それで、この赤ビーツ
何が体に良いかというと
ビタミンC、マグネシウム、鉄を多く含みます

貧血や血流などにとてもいいのです

早速私も今回はきんぴら料理に。

ロシアではポルシチするそう。

で、きんぴらにした赤ビーツ食べてみて

ビーツ

意外と美味しい。

ビーツは甘いので鷹の爪など入れると
いいかもしれませんね。

女性にとって血流と血量はとても大切です

血液は体の酸素。栄養を各細胞に
運搬してくれるとっても大切な役割



その、血液の量と流れが悪ければ・・・、

疲れやすく、貧血で、抵抗力も弱りなどなど、
健康に支障をきたします

とうぜん、健康あっての美容ですから
美しくなる土台を作る大切な体液です

私もビーツを食べて疲れが取れた感じと
肌の調子が良いんです


ぜひ、皆さんも召し上がってみてください


最後までお読み頂き有難うございます

【ビー・エクラのメールマガジン】
エイジングケア・内面、健康ライフ、メイク、などetc・・・。
ビー・エクラサロン最新情報と美容情報を発信してます。
ご興味ある方は下記から登録可能です!

http://www.b-exula.com/email/mail/magazine.html

このページの先頭に戻る