2020年10月 - ビー・エクラサロンブログ

B・EXULA ビー・エクラ
心と体が満たされる美と上質な癒しの空間
こんにちは


日々気温が低くなり

マスクをしていると
温かく感じる


それが良いのか
悪いのか

マスクをしすぎると
口呼吸になるので
体的には
あまりよろしくない状態

メイクアップ

人がいるところでは
マスクはしていますが

いない時は基本
私はマスクはしていません


場所を選んでしてます



1日マスクをしていると
耳とその周りの筋肉が
凝り固まっているの
わかりますか?


ひどい日には
首にある胸鎖乳突筋まで
凝り固まり、肩、背中まで
張ってくるという


なんともひどい状態、、、。


k


グロテスクですが
皮膚をはがせば
大事な臓器があり

その動きが悪くなれば
体の調子だけでなく

顔の表情にも
出はじめます


心と体はつながっているので
その時の心理状態が

筋肉に反応していきます


笑顔を作れば
少しでも元気にもなれるし


筋肉が強張って
腰が違和感がでたり
凝ったりすると


自然と心は悩みのほうへ
引きずられてくる


であれば、毎日
気分よく過ごす努力も必要で。


美肌になるには
誤ったケアやし過ぎに注意だし


自分にあったものを
毎日負担なく楽しく行えることが
アラフィフ世代は大事かなと。


更年期の時期に入ってくると
面倒な事もしたくないし、

だからと言って、
一気にふけこむなんて
もったいない


気軽に楽しく
自分を大事にするからこそ

美肌や美しく健康で
いられる毎日


話それてしまったけど


耳周りが凝ってしまった時こそ
その周りの筋肉をほぐして

緩めて上げる


耳をグルグル回してあげる

それだけでも


顔の表情はリセットされる

k


耳には体全身のツボが
いっぱいあるし

リンパもある


とても大切な場所



もっと深くほぐされたい方
ご興味ある方は是非
御来店くださいね



この機会にご興味ある方は是非
5周年キャンペーン
5周年キャンペーン

こんにちは


お陰様でビーエクラは
来月11月11日で

5周年を迎える事が
できました

これも皆様の
おかげです!


本当に有難うございます!!
部屋
最初のサロンはこんな感じで
スタートしたんですよね


5年前と今現在では
時代の流れが速い、、。


ほんと、
5年という月日は
あっという間で、



あんなことや、
こんなこと、



なつかしいー、思い出が
いっぱいです


プライベートサロンに
遠方からご来店くださったりと

ホントに感激しました、

私の素に来店される
お客様はなぜかしら

スピリチュアルの能力も高く
不思議な、宇宙なお話も
聞くこともしばしば。

私自身も不思議なんだけどね,、笑


ということでキャンペーンします

この機会にご興味ある方は是非
こちらをクリックして
キャンペーン見てみてください
5周年キャンペーン

本当に、有難うございます!

2020年10月03日 [ライフスタイル]
こんにちは


10月に入りましたね
金木犀の香りがしてきて

はぁー、リラックスできるいい香り♪

という感じで今日おります


9月末は
京都へ弾丸旅行へ


まずは平等院
k


実はある日、
直観でクジャクが降りてきて

あっ、京都に行こう!と思い
まずは絶対に平等院

抹茶も大好きな私は
ここは外せない

鼻息荒く意気込み、

いざ、到着

まぁ、暑い、暑い、京都


メイクなんてしていたらすぐ
とれますよ、

マスクもしているし。


世界遺産だけあり
平安時代からそのまま

なんか、す、すごいぞ!日本人

一人で歓喜して
中の大日如来さまも
平安時代からそのまま

第三チャクラがうずめきます

さすが、すごいパワーです

平等院を後にし

中村藤吉本店に行きましたが

激混みのため、今回はあきらめ

伊藤久右衛門にはいり
抹茶と団子を堪能
京都



その後は

東寺へ
京都

私、法観寺と間違えていったので
良くわからなかったのですが

ここも圧巻の仏像


私以外にも仏像好きかも?
と、思ったぐらい落ち着く。


そこの不動明王が
凄い気に入りまして。


ズッーとみていたら、
すごい、話かけてきます


それも、力づよく、説教です


話の分からない方はスルーしてね


その言葉を胸に刻み

友人が住んでいるので
夜は駅近で晩餐会


京都


京都料理はあっさりしていて
湯葉や九条ねぎが美味しすぎて

たまりません、、、!


友人とのはなしも、
盛り上がるのでした。


翌日は
伏見、下賀茂、上賀神社、平安神宮
京都御所などをめぐり

ぐったり。。。

鼻息荒くめぐりすぎると

グルグルしすぎて

今回は反省のたびでした。


最後までお読みいただき
有難うございます

このページの先頭に戻る