2019年06月10日 - ビー・エクラサロンブログ

B・EXULA ビー・エクラ
心と体が満たされる美と上質な癒しの空間
伊勢


こんにちは 佐藤です


先週は名古屋〜伊勢神宮へ弾丸で行ってきました

初日の夜に闘病していた義理姉が他界し
連絡を受けた時
翌日の伊勢への旅行はどうしようかとても悩みました


こんな時に行ってどうなのかと。


ただ新幹線はパックツアーで変更もできず
葬儀までの日程まで時間がある

ここまできてあとで自分か後悔しないか葛藤し
とても悩みましたが


主人が日があるから急がなくてもいいよ、
と言ってくれ
義理姉に感謝しつつ行かせてもらいました



こんな時に不謹慎じゃない、
と思う方もいるかもしれないけど


他の誰でもない自分も思っていた


でも
行きたい。でした。


伊勢



きっと世間の常識で帰っていたならば
あとで後悔したかもしれないし


心の底ではきっと、攻めたくないけど
義理姉はなぜこんな時に・・・。って
思っていたかもしれない


でも葬儀までの時間を作ってくれたのは
言うまでもない義理姉かな、って
勝手に思った私


いつでも行ける場所であれば
また今度、と思えたかもしれません


また今度、、なんてないと思うと
今でしょう。と。


自分の感じる事に忠実に従う


そう思いださせてくれたのも今回の旅があったから。


義理姉と先月あった時にユーミンのライブに
行く話をしていた
その時に、義理姉から「まとみちゃん、有難う」
その言葉が最後となり


今思うと、
最後だと思っていたのかな。



児童養護施設で働いていた姉

親からの虐待等の
一緒に暮らせない子供たちとの
話などいろんな話を聞かせてくれました


聞いているこちらからすると
ありえない親ばかり。


こんなこと本当にあるんだと・・・。



少子化が進むのに
施設が減らない事に
嘆いていました


衣食住を提供する
ビックダディは全然いいほうだと
ぼやいていた時期もあったな。


いろんなこと教えてくて
ライブにも一緒に行ったりもした


冷たくなった姉に再開した時に
義理姉が購入していたDVDが
流れていたのだけど
そのDVDが


魔女の宅急便


その時に
やさしさに包まれながら〜流れてきました



思いでの曲になってしまい、
言葉であらわせない気持ちでいっぱい。


普段化粧をする姉ではなかったけれど



看護師の仕事もしているもう一人の義理姉と
化粧もさせてもらい



綺麗な形で見送ることができました



私にとっての化粧、メイクをするという
コンセプトの幅が


美しく、きれいになって毎日を過ごすと、

美しく、きれいにお見送りする。が増えました


命は有限です


最後には自分自身に後悔しないように
過ごしていきたい


しんみりしてしまいましたが


誰もが必ず訪れる時



これからも自分ができる事に集中し
提供していかなくてはと、
改めて感じた1週間でした








最後までお読みいただき有難うございます








このページの先頭に戻る